<スキルアップの極意 >

腕を磨いて期待に応える人材になろう!

技術向上のためには職場選びも大切

看護師を目指す動機として、人の役に立ちたい、医療の発達に貢献したいなどさまざまな事情があるはずです。
ただそのためには看護技術の向上が必須となり、忙しい中で時間を見つけて独学に励んでいる人も多いでしょう。

しかし、成果が上がらない、なかなか上達しないといった問題がある場合は働く環境に問題があるかもしれません。
看護師の働き先として多いのは病院ですが、慢性期病院と急性期病院の二種類があり、スキルアップを目指すなら急性期病院を選び必要があります。

急性期病院とは急病人や怪我人、持病の急変など緊急性の高い患者を受け入れる施設になり、多くの症例に触れることが可能です。
ただ緊急を要するだけに忙しく、残業は当たり前になりますし、定期的に夜勤も入るので慣れるまではライフサイクルを整えるのが難しいです。

しかし、自主勉だけではなかなかスキルアップできない場合は職場を見つめ直す、これも重要です。
自分自身は努力をしている、しかし成果が出ないという時は何かが間違っている可能性があります。

慢性期病院に勤めている場合は急性期に転職を考えてみる、こういった努力の方法も時と場合によって必要と言えるでしょう。
毎日の仕事に勝る勉強はありませんので、忙しさを覚悟すれば確かにスキルアップも可能です。

転職先としては厳しいものがあるかもしれませんが、まずは行動してみると良いでしょう。
成功すれば、飛躍的に看護術技術を向上させることができるのでおすすめです。