<スキルアップの極意 >

腕を磨いて期待に応える人材になろう!

試行錯誤が大切な看護技術の向上

看護師として活躍できるようになろうとすると自分のレベルを引き上げようと漠然と考えることが多いでしょう。
何ができるようになったら良いのかと調べる人も多いものの、教科書などを読んだり、現場で先輩から指導を受けたりして学べることには限界があるという理解をしておくのも大切です。

看護技術の向上を実現するには自分で工夫することも欠かせません。
他の看護師が行っていることを学んで取り入れていくのは簡単なレベルアップの方法ですが、それだけを行っていたのでは必ず限界が来てしまいます。

自分がまさに必要としている技術を見つけられない場合も多いでしょう。
看護師としての基本技術が身についていれば大きな失敗をすることはありません。
自分から創意工夫をして新たな技術を生み出すという気持ちを持って、看護に取り組むようにしてみましょう。

仕事に支障をきたすことは避けなければいけませんが、できる範囲で試行錯誤を繰り返すという努力が何より大切です。
これが良いかもしれないと考えたら、それを積極的に看護に取り入れてみると良いでしょう。

現場で働きながら自分で導き出した看護技術は、独自のものとして一生の財産になります。
有用な技術であれば他の看護師にも利用してもらえて現場全体の看護レベルの向上にもつながるでしょう。

それが評価されれば昇進の可能性も見いだせるため、キャリアアップにもつながる取り組みです。
看護師として看護技術のレベルアップを考えるのなら、まずは試行錯誤を行うことから始めてみると良いでしょう。